大切なのは、体と心のバランス

好きなものははやめなくてもいいから、その代わり食べ方を変えましょう、というのがっ食べるだけダイエット」の基本姿勢。 

たとえば、ケーキの好きな女性がよくやる食べ方に、「ケーキを食べるため、ごはんをガマンする」というのがあります。

「食事の代わりにケーキを食べれば、1日にとったカロリーは増えないから大丈夫」と言えるのでしょう。 

でも、これでは栄養が足りません。繰りかえしますが、「食べるだけダイエット」では、カロリーよりも脂肪を燃やすための栄養が問題です。 大切なのは、体にいいものと心にいいものの「割合」です。 

心に良いものだけがどんどん増えてしまっても、カロリーの摂りすぎになってしまいますたが、体に良いものばかりでは心が締め付けられてしまいます。

つまりストレスが溜まってしまうということですね。

それでは長続きがしません。

リクルートサイトを運営する会社には工夫を

学生が大学を卒業する際に就職するために、企業は大手のリクルート会社に人材募集の広告を出します。そこで大学生は自分がやりたい仕事ができる企業を見つける、これがいわゆる就職活動のスタートになるわけですが、どうやらこのリクルート会社での学生と企業とのやりとりがうまくいっていない経緯があるみたいですね。

まず一つは、人気企業ばかりに目がいってしまい、あまり有名でない企業には説明会を開いても人が集まらないらしいです。

学生からすれば、安定していて、なおかつ長年勤めれば高い給与が望めるような企業に就職したいと思うのが一般的ですが、そうなると一部の企業に希望が集中してしまいます。

当然、その一部の企業以外は広告を出しているにも関わらず、人材が集まらないっていう状況になります。

ですが、だからといって、その企業が人材募集の広告をださなければ、もっと人が集まらない。

リクルート会社としては、もう少し工夫をしてみてはいいのではないでしょうか?そう思ってしまいますね。

血行不良がクマの改善に役立つ

青黒いクマができてしまって、メイクをしても完全に隠すことができない、どうしたらいいんだろう?と思ったことはないでしょうか?

そんな青黒いクマができてしまう原因は目の下の血液の循環が悪いことがほとんどです。つまり血行不良を改善することによって青黒いクマは解消することができるようになるんですね。

そのためにまず大切なのは睡眠です。十分な睡眠をとり体をじっくりと休めるようにしましょう。

そして、適度な運動もまた大切な対策の一つです。適度な運動は全身の血行不良を改善させてくれますので、定期的に運動をすることで青黒いクマは改善されていくこともあります。

また喫煙についてですが、喫煙は血行不良を引き起こすので、青黒いクマができている人で喫煙をしている人は、それを止めるだけでも改善されます。

また、目の下を指で優しくマッサージしてあげるのも血行不良対策にもなります。ただし、目の下は顔の他の部位と比較しても、皮膚が非常に薄いので、必要以上の刺激を与えると逆効果になる可能性もあるので要注意です。

季節ごとの乾燥肌ケア

春には春一番と言われるぐらいに強い風が吹く季節。風邪は肌の水分を奪います。汗ばむくらいの陽気であるならば、お花見で毛布が必要と感じるほどの寒い日もある。そんな季節は肌の水分バランスを整えるのが難しく、崩れやすい季節ともいえます。

春には強風うや寒さで肌の水分が奪われやすいので、保湿ケアは念入りにしましょう。また、柔らかな春の日差しには紫外線対策をしっかりと。

肌の露出が増える夏。紫外線対策を万全して日々のお出かけを。高温で多湿な外に比べると室内はエアコンが効いた状態で乾燥が想像以上。汗をかきやすく肌をそのままにしおいては雑菌が繁殖するきっかけにも。

夏には肌の水分を補給をしっかりとして、汗はこまめにシャワーで流したり、拭いたりと肌を清潔に。その上で保湿ケアをしていきましょう。

過ごしやすく、肌のとっても快適な秋。夏の日差しで受けた肌のダメージはケアしながら冬に向けての準備をする季節。

肌の調子がよくなってきたと感じたら、夏の疲れを解消する角質ケアをしていきましょう。木枯らしの吹く日ような時には乾燥対策を徹底。

気温がや温度がさがり、1年のなかでも最も乾燥する季節。体の基礎代謝が低下し、皮脂腺、汗腺の機能も低下することによって肌は乾燥しやすい状態に。暖房による乾燥でさらに水分が奪われることも。加湿器で湿度を上げるような保湿ケアも実施したいところ。

保湿クリーム、リップクリーム常に持っておきましょう。顔や体を見直して保湿が足りないと感じたらセルフチェックを怠らず。

保湿力を高めるスキンケアとは?

赤ちゃんの肌はもっちりふんわりとしています。十分に肌が潤っていて、保湿されている状態です。

大人の肌もきちんとした保湿ケアをすれば、赤ちゃんと同じような肌とはいかないまでも、明るくふっくらとした肌になります。

基本的に保湿のためのスキンケアというと、化粧水や美容液を思い浮かべることが多いですが、そのためにはたっぷりの化粧水や美容液と考えるのが一般的かも知れないですね。

しかし、人間の肌は自らで水分を作る事ができないので、肌にたっぷり水分を補うこと自体は必要ですが、それだけでは水分を維持することはできません。

そのあとに肌表面に膜を張ることがとても重要なんですね。

そのためには、化粧水や美容液をで肌に水分を与えたあとに膜を作るために乳液やクリームを塗ることです。

化粧水や美容液をつけたのに、なぜが肌が乾燥して突っ張るという人は、その後のケアを一度試してみて下さい。

また、乾燥対策には、肌の新陳代謝を活発にすることも大切です。

新陳代謝が活発になれば、皮脂分泌も適切にされ、乾燥肌を予防することができますから。

さらに、食事も大事ですね。

毎日の食事のなかで油控えめの料理にしたり、油っぽい料理にするときは、良質なオイルを使うようにするのがおすすめ。

中国は不正の規模もでかいな。

中国の経済発展に伴って大きな存在感を示していた地下銀行と呼ばれる銀行があるみたいですね。

地下銀行というのは、不正な資金のやり取りに主に利用されてきたみたいです。

官僚の汚職や犯罪関連などの資金移動に。

しかし、中国政府としては当然こうした資金を見過ごすわけにはいかず、ついに摘発に動いたみたいで、今後はさらに摘発数が増える見込みだとか。

これまでは結構地下銀行については中国政府も見過ごしてきた感がありましたが、ここにきて見過ごすわけにはいかないと感じたのは、あまりにも不正や犯罪に乱用され、秩序が保てなくなってきたから、ではないかと思います。

爆買い、という言葉に表されるように中国経済は発展の一途をたどってきましたが、その裏では貧富の差がどんどんと拡大し、その背景にはこうした不正取引も深く関連していると判断したのでしょう。

iHAは関節痛の救世主になりうるか?

iHAのだんだんと最近では知られるようになってきました。

この成分は関節軟骨がすり減ることによって、関節に痛みが生じてきてしまったときに、その軟骨の修復に役立つ成分なのです。

ドラッグストアにいくと、膝の関節痛に悩む人たちのためのサプリメントがずらりとならんでいます。

しかし、それを飲んだところであまり効果を感じられないケースも多いんですね。

なぜかというと、グルコサミンもそうだし、ヒアルロン酸もそう、コンドロイチンもそうですが、基本的には関節軟骨を構成する成分として、これらを摂取すること自体には意味のあることなんですが、問題はそこからなんですね。

その成分が体のなかに入って、いったいどれだけの関節軟骨形成、修復に役立ってくれるのか?と。

もし、ほとんど役立ってくれなければ、まあこれらのサプリメントを飲んだとしても、まあ実感できないのは当然です。

ですが、効果を感じて、本当に喜んでいる人がいます。

効果ありと、効果なし、この違いは何なのでしょうか?

その答えがiHAにある、そう言えると思うんですよね。

iHAのサプリメントについてはまだあまり出回っていないですが、あるにはあるので参考にしていみては?

弁護士も数が増えてくると仕事がなくなる?

弁護士はたしか10年ぐらい前だったと思いますが、人数が足りていない現状を打破するために、法科大学院などを開設することによって、うんと数を増やそうという話になったと思います。

それで結果としては、以前よりも司法試験に合格する人たちの数が圧倒的に増えたみたいなのですが、この圧倒的に増えてしまった弁護士の人たちは現場にいってさあ大変。というわけになったんですね。

それは仕事の奪い合いが始まってしまったんです。

もちろん、地方などにおいてはまだまだ弁護士の数は法的な問題の需要には追い付いていないケースがありますが、これが都市部ともなると、もう弁護士は必要ない?というぐらいの状態に。

となれば、当然クライアントに争奪になります。

昔は、弁護士であれば、仕事があって当たり前だったのが今ではそうではなくなったってことですね。

企業幹部はろくでもないのが多いね。

トヨタ自動車の幹部が女子学生に対して妙なことをしようとしたみたいですが、まあ最近の企業幹部というのは本当にろくでもないやつが多すぎてまいってしまいます。

東芝にしてもそうですが、別に特別に道徳的なことを求められているわけでもなくて、常識の範囲内での行動をとることすらできないのでしょうか?

個人的に思うのが、なぜそうした人物が企業のトップ、幹部になってしまうのか?日本の企業体質どうなっているの?と思うわけです。

本来であれば、人の上に立つのであれば、人格がまずは備わっていないといけないはずですが、それがないにも関わらず、企業の幹部になって、部下にああだこうだ、というのは、まあちゃんちゃらおかしな話です。

ウィンナーを食べたら癌になる、みたいな発表をWHOが

先日ウィンナーを食べること、もっというと加工された食肉であるウィンナーを食べることは人体に害を与えるものであり、発がんのリスクを高める、といった趣旨の発表がWHO世界保健機構からありましたが、この発表の仕方には世界中から非難の嵐が飛んでいるようですね。

それもそうだと思います。

まず、摂取量について、通常の家庭でとるような摂取量については全く問題がないにも関わらず、ウィンナーに含まれる本当に微量の物質で発がん性があるという話になると、人間はほとんどの食事をたべることができなくなってしまいます。

こうした前提を踏まえずに、いきになりウィンナーを食べると癌になるような、イメージを与える発表の仕方は世界的な機関がすることではないですよね。